勝負は今ではない

以前、受けた某有名校の受験の結果はダメでした。

子供は合否には関係なく、今日はまたどんぐりを楽しみました。もしも受験にのめり込んでいたなら、合否が精神面で大きな負担となっていたに違いない。

きっと実感の伴う納得感のある思考ができるようになってきており、ゆるぎない自信があるのだろう。自分はゆっくり絵を使って考えればどんな困難なことも何とかできると。

受験用の知識の集積や先取り学習、簡単な問題を時間内に正確に解く訓練は禁止している。それをやらなければ入れない学校には頼まれても行かない、という私の本気度は子供に伝わっていると思う。

勝負の時は今ではない。今は裏の道をゆっくりと歩く。

コメント


認証コード7143

コメントは管理者の承認後に表示されます。