教育改革

TOFLEを大学受験資格に(Nikkei 08/04/2013 20:13)

  • 自民党の教育再生実行本部によるグローバルに活躍できる人材を育成するために必要な対策をまとめた提言で、 国公立大学の受験資格や卒業要件として、民間の英語能力テスト「TOEFLE」などで一定以上の成績を収めることを柱に掲げた。
  • 提言は、英語教育の抜本改革、理数教育の刷新、ICT教育を「教育再生の3本の矢」と位置付けた。
  • 英語教育改革として大学受験資格のほか国家公務員の採用試験でTOEFLなどを取り入れることを提案。理数教育では博士号取得者を欧米先進国並みの年3.5万人に倍増する環境づくりを掲げた。ICT教育に関しては2010年代中に、小中高校などで1人1台、タブレットを支給すること盛った。

英語教育を小学生に導入することはあまり賛成できない。そんなことをやる時間があったら外遊びや思考回路作成を優先させるべき。日本にいるのに英語環境を人工的につくることは単に子供の負担を増やすだけでイメージ再現や操作の訓練の妨げとなる。

英国の現地校ではすでに数台のタブレットが学校に配布されている。そんなものが子供の役に立っているとは思えない。子供がタブレットを欲しがる動機付けにしかならないし、そこからゲーム Addiction などの状態に引き込まれるリスクを高めるだけ。

    コメント


    認証コード8829

    コメントは管理者の承認後に表示されます。