Academic scholarship 2

結果が分かりました。

MathsのScholarshipが取れました。Latinが取れなかったのは少し残念でしたが予想通りでした。

Scholarshipがあるからといってそこまで違いはないのですが、その科目を勉強する時間を多く取れたり、選択肢が広がったりする利点はあるみたいです。子供にとってはどうでもよいことです。

現状の子供の発想。

  • 将来やりたい事・なりたいもののために、
  • 高度な知識などが必要であり、それを得るために、
  • 現時点では大学などの機関に頼らざるを得ないから、
  • 「大学に入るため」の勉強を仕方なくする。
  • だから仕方なくGCSEなどの試験も受ける。
  • 本当に「力」があるのならそんなもの必要ない、「力」がないから国とかが決めたような試験を受けるしかない。
  • 「試験のため」の勉強はできればしたくない、なんとなく「感性」が鈍くなるような気がするから。

私にはこんな荒削りの子供の発想がとても心地よく感じます。

コメント


認証コード1414

コメントは管理者の承認後に表示されます。